本当はどんな人?

どんな人?
キミエホワイトプラスは富山常備薬グループの専務である鈴木健二さんが、シミに悩む母親のために開発した医薬品ということで有名ですが、その鈴木健二さんと社長である薄井啓介さんのインターネット上での評価がいまいちよくありません。

 

なぜ富山常備薬グループの社長と専務は、そのようなイメージがついてしまったのでしょう。ここでは2人のイメージについての説明を行います。

 

キミエホワイトを開発した鈴木健二さん

専務

キミエホワイトを開発した富山常備薬グループ専務の鈴木健二さん。その評判がよくないのはテレビCMの影響が大きいのではないでしょうか。鈴木健二さんはキミエホワイトを売り出すために、テレビCMにまで出演しているのですが、そのイメージが強く影響しています。

 

母親のために薬を開発したという美談も、受け取る人にしてみるとマザコンだといい出す人もいれば、薬の開発ではなく薬を買ってあげればいいという誹謗中傷もあります。目立つ人を叩きたいというのは日本でよくある現象のひとつです。
「胡散臭い」という根拠もまったくないような、感覚だけの言葉で断言されるのですから大変な時代になっていますが、鈴木健二さんに関する悪意のある言葉は根拠のない言葉ばかりですので、気にする必要はありません。

 

もし実際にお会いして、気持ち悪いと感じられたならそれは仕方がないことですが、そのこととキミエホワイトプラスの効果は関係ありません。キミエホワイトプラスは国が認可した第三類医薬品ですので、その効果が実証された薬だということは忘れないようにしてください。

 

リョウシンJV錠を開発した薄井啓介さん

社長

富山常備薬グループの社長の薄井啓介さんは、鈴木健二さん同様に親のためにリョウシンJV錠という腰痛に効果のある薬を開発し、販売を行っています。ときどき専務の鈴木健二さんが社長だと勘違いをしている人もいますが、社長は薄井啓介さんです。

 

鈴木健二さんと違って、薄井啓介さんはそれほどメディアには出てきません。キミエホワイトプラスとリョウシンJV錠では販売戦略が異なるためかもしれませんが、リョウシンJV錠を購入した人に届くDMなどでしか薄井啓介さんの姿を見かけることはありません。

 

このため、薄井啓介さんの悪い評判はほとんど目にすることはありません。そう考えると専務の鈴木健二さんは、出る杭だから叩かれているだけということがわかります。

 

富山常備薬グループは真面目な会社

富山常備薬グループ
テレビCMの影響はやはり大きいもので、富山常備薬グループの売上にも間違いなく効果があるのかもしれませんが、その反面どうしても社長や専務だけでなく、会社そのものも胡散臭いというイメージを持たれてしまいます。

 

とはいえ、それはただのイメージでしかありません。富山常備薬グループはキミエホワイトやリョウシンJV錠以外の第三類医薬品をいくつも開発販売をしている真面目な会社です。創業は2010年まだ歴史は浅いのですが、少なくとも6年間は経営に問題なく営業を続けています。

 

もし本当に悪いイメージのままの会社であれば、6年も経営を続けられるわけがありません。悪い噂を流す人がいても、リピーターとして継続して薬を購入している人も大勢いるのが富山常備薬グループです。専務や社長のイメージはともかく、まずは薬に効果を感じられるかどうかという視点で、薬を試してみることをおすすめします。